11 | 2011/12 | 01

散歩のココロ~珍しわんこにあいました 

クリスマスも終わって、街はすっかり年末モードですね

さて、過ぎてしまいましたが26日はリンちゃんが、正式に我が家の子になった日でした。
どちらかというと我が家に来た日を記念日にしているので、さりげなく過ぎてしまいました


今日は散歩の話です。
散歩をしているといろいろな人やわんこと会いますよね~

先日はコロとココロの兄弟のセナ君に会いました。
お兄ちゃんが散歩させていたのですが、お兄ちゃんとは初対面
でも、ピーンと来て声をかけたら、やっぱりセナ君でした
兄弟だというと「似てるね~」と言ってもらいましたが・・・
写真取るの忘れた

次にずっーと会いたかったモルちゃんに会いました~

ママが通っているパン教室の先生が飼っているわんこです。

可愛い~

正直に言うとママから話を聞いて、わんこ好きのパパは会いたくて会わせてもらいました
大人しくて、毛がもこもこも。でも、結構スリムちゃんです

あと、このモルちゃん。実は非常にめずらしいわんこ
マダガスカル産のコトン・ド・チュレアールという犬種で、日本では数えられるくらいしかいないそうです
可愛い上に貴重なんですよ

また会いたいな~

最後に悲しい話
散歩の途中、公園に寄ると品の良いおばあちゃんが、たぶんフレンチブルドックをつれて散歩してました。
ココロが気に入ってじゃれていたので、少し話をしました
8歳の男の子という事でしたが大人しくて良い子、ただ、おばあちゃんは犬種は解らない様で、トイプーを知らないし、あんまり犬の事詳しくないんだ~と思って話をしていたら、突然「誰かこの犬もらってくれないかな」と言われてビックリ!!

事情はわかりませんが、心の中で「どうして・・・こんな大人しくて良い子なのに、何を言っているんだろう」と思って、「こんなにい子なんだから大事にしてください」と優しく言いましたが、「そうですか・・・」的な反応

その場にいたくなかったので、ココロをつれて離れましたが、凄く悲しくなりました・・・

言うまでもなく、動物を飼うと言うことは、家族を増やす事ですよね
それが犬であっても、猫であっても、小動物であっても同じ事
責任を持つというのは当然だし、何より一緒にいて愛情がわかないことが凄く不思議です

人と人とのつきあいも薄れてきているからこんななのかな、だから保護犬も減らないのかなと改めて寂しい気持ちになった瞬間でした・・



余談ですが、
その日の夜、机にちっちゃい虫がとまったのをみて、ムスコが「殺すのは可哀想だよ~」と言っているのを聞いて、とっても極端だけど優しい気持ちをもって育ってくれて、嬉しかったです。
そういう気持ちを持った子に育ててくれたママにも感謝したいなと思った瞬間でした




ブログランキングに参加してます
↓押してもらえると上がるシステムです。
励みになりますので是非ポッチっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ